WordPress初心者が独学は難しい?習得までの期間や方法を解説

WordPress初心者が独学は難しい?習得までの期間や方法を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

「WorPress制作」を習得したい方にとって、

  • 独学で習得を目指す
  • プログラミングスクールなどに通い習得を目指す

どちらの方法を取るべきか、多くの方が抱える悩みかと思います。

この記事は、HTML/CSSを習得し、その次のステップとしてWordPress制作・構築に興味がある、しかしどのように勉強していこうか悩んでいるという、WordPress制作初心者の方向けのものです。

WordPressのサイト制作・構築の案件受注ができるレベルを「WordPress制作を習得」と置き、

  • 習得に至るまで「独学」という道を選ぶことはどうなのか
  • 独学で習得するまでにどれぐらいの期間がかかるのか
  • 具体的に独学をどう進めていけば良いのか

などをお伝えしています。

実際に私が利用した本やサイトも途中で紹介しているので、是非とも参考にしてみてください。

※ Udemyは4月11日までセール開催中です

↓ Udemyのおすすめ講座を見る

初心者がWordPress制作を独学で習得するのは難しい?

多くの方は、「そもそも独学でWordPress習得が可能?」という点を気にしているかもしれません。

まず最初にその疑問に対してお答えしますが、WordPress制作を独学で習得することは十分に「可能」です。

なぜ「可能」と言えるのか、大きな理由の一つが「独学でも手が届くところに情報がたくさんあるから」です。「独学でも手が届くところ」というのは、たとえば本やサイトなどです。

WordPressは非常に多くのWebサイトで使用されています。つまり、その分WordPressを使ってサイト制作をしている人もたくさんいるということで、制作する人が多いということは、それだけ多くの教材が存在するということです。

うまくそうした情報を参考にしたり調べたりしながら習得を目指すのは決して難しいものではありません。

独学でのWordPressの学習を「おすすめしない人」

WordPress制作は独学でも可能とお伝えしました。しかし、とは言っても独学ではなく、プログラミングスクールに通うなどした方が良い方もいます。ここでは、どのような人は独学でない方が良いのかお伝えします。

以下に挙げる方は、プログラミングスクールに通うことの検討をおすすめします

  • いち早く、効率的に習得したい人
  • 自分ひとりで学習を続けるのが苦手な人

いち早く、効率的に習得したい人

WordPress習得をできる限り早くしたいという方です。おそらく誰もが「できる限り早く習得したい」と考えていると思いますが、特にこの「いち早く」という気持ちが強い方です。

プログラミングスクールに通うにはどうしても高いお金がかかってしまいます。その値段を払ってでも、できる限り早く習得したいという方はプログラミングスクールに通うべきです。

一方で「あまりお金をかけたくない」「安く済ませたい」という方であれば、わざわざプログラミングスクールに通う必要はありません。その上、別にプログラミングスクールに通わないからと言って、習得までに何年もかかるというわけではありません。そこは安心してください。

自分ひとりで学習を続けるのが苦手な人

続いて独学をおすすめできないのは、自分ひとりで学習を継続することが苦手な方です。

当然、独学は、自分で学習の計画を立て、その計画を自分で実行していかなければならないものです。万が一学習の進捗が遅くなっても、あなたをとがめたり、学習を催促してきたりする人はいません。

「それでは勉強が続くかどうか不安だ」という方はプログラミングスクールに通うことを検討しても良いでしょう。

スクールのメンターが学習の進捗管理をしてくれるスクールが多いですし、何より「せっかくプログラミングスクールに通ったのだから」という気持ちで前向きに取り組むことができるでしょう。

ただし、一緒に学習に取り組む仲間を作るということが可能であれば、わざわざプログラミングスクールに通う必要はなくなりますね。

初心者が独学でWordPressの習得までにかかる期間

独学を選んだ場合、「習得までにどれだけの期間がかかるのか」気になる方も多いでしょう。

結論、人によりけりです。

例えば、HTML/CSSは習得済み、WordPress制作の学習の時間を多く取ることができ、且つ成長が早い人であれば、1ヶ月程度で習得できるかと思います。一方で、プログラミング未経験で、ゆっくりと着実に進めたいという方であれば半年ほどかかるかもしれません。

いずれにしても言えるのは、「数年間」という期間がかかるほどのものではないということです

もちろん、数日に1時間しか時間が取れないとなると、それだけ習得までにかかる期間は長くなります。一度学習したところも記憶の定着が悪く、思い出せないということも多々起きてしまうでしょう。

最低でも平均1日あたり、2~3時間取って勉強することをおすすめします。一度学習したところを忘れることなく、スムーズに進められるかと思います。

独学でWordPressを習得するのにおすすめのサイト

では、ここからは具体的な話をしていきましょう。まずは、WordPress習得に役立つサイトの紹介です。

Udemy

※ Udemyは4月11日までセール開催中です

Udemyは、最大規模の有料の動画教材販売サイトです。WordPressのみならず様々なジャンルの動画教材があります。

コースによりますが、内容はボリューミーなものも多く、中には10時間超えのものもあります。※スピードの調整も可能です。

値段はコースによって様々ですが、10,000円から20,000円のものが多いです。しかし、頻繁にセールを行っており、90%OFF(2,000円前後)で購入できることも珍しくありません。

ここでは私がおすすめする、UdemyのWordPress講座をご紹介します。

ちゃんと学ぶ、WordPress テーマ開発講座

※価格や割引率はご自身でお確かめください。

「ちゃんと学ぶ、WordPress テーマ開発講座」は、WordPressのオリジナルテーマ開発を丁寧に教えてくれる講座です。ブログサイト制作をハンズオン形式で解説しているので、動画を見ながら一緒にサイトを作ることができます。

効率の良いインプットは「まず手を動かすこと」と私は考えているので、この講座は有意義です。

実際に多くの方が受講しており、口コミの評価も大変良いので、迷っている方はまずこの講座を受けてみると良いでしょう。正直この講座ひとつで充分かもしれません。

\ 4/11までセール開催中 /

はじめてのWordPress入門講座【基礎知識・使い方・管理保守・トラブル対応】

※価格や割引率はご自身でお確かめください。

「はじめてのWordPress入門講座【基礎知識・使い方・管理保守・トラブル対応】」は、より基本をベースとした入門編として優秀な講座です。

「そもそもWordPressのことがあまり分からない」「WordPress開発で出てくる用語があまり分からない」という、実践からでは不安という方はこちらの講座をまず受講してみてください。

あるあるのトラブルへの対応方法を教えてくれるのもポイントです。

\ 4/11までセール開催中 /

※ ドットインストールはあまりおすすめできません

WordPressの動画教材を探していると、「ドットインストール」という動画教材を目にすることも多いかと思いますが、私はあまりおすすめできません。

その理由は、更新が長らく止まってしまっているからです。

2024年現在、最終更新から7年以上が経過してしまっており、サポートも終了しています。実際に教材の中で使用されているWordPressの管理画面も古いもので、見ながら参考にするのは難しいかと思います。

独学でWordPressを習得するのにおすすめの本

続いて、独学で進めるのにおすすめの本を3冊紹介します。サイトでの学習が合わないという方は以下の本で学習を進めてみましょう。

  • いちばんやさしいWordPressの教本
  • 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書
  • WordPressデザインレシピ集

どれも実際に私が使用した本です。それぞれについて簡単に説明していきます。

いちばんやさしいWordPressの教本

WordPressの最新バージョンに対応した入門書です。WordPressの学習の「スタート」としてこの本はおすすめですし、実際にそのような形で利用している方も多くいます。

イラストを用いて分かりやすい説明があるのが特徴です。

管理画面上での説明がメインで、コードを用いた説明はありません。実際にWordPressを使用してブログを書いていたという方や、サイト運営していたという方にとってはこの本は必要ないでしょう。

こんな人におすすめ

  • 初めてWordPressに触れるという方
  • WordPress管理画面上での設定やページ作成などの操作が不慣れな方

ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版

本格的なコーポレートサイトを制作しながら進める本です。

デモサイトを一緒になって制作していきます。コードも記載されているので安心です。

ただ、丸々一つのサイトを制作する説明が記載されているので、正直ボリュームは多いです。初見ですべてを理解するのは難しいかもしれません。

2周、3周、、、と進めることになるかと思いますが、この本の内容を理解した時にはWordPress制作において十分な力が付いているはずです。

さらに、ここ最近のWordPressのバージョンに対応している(2021年5月時点)ので、本ならではの「少し古いバージョンの情報が掲載されている」という心配はないでしょう。

こんな人におすすめ

  • 管理画面上での操作は理解し、テーマ開発の学習を始めたい方
  • WordPressを使って本格的なサイト作成をしたい方

WordPressデザインレシピ集

WordPress制作における「あれはどう作るんだろう?」に答える、様々なテクニックが掲載されています。

例えば、下記のような時に使えるテクニックです。

  • 前後の投稿のリンクを設置したい
  • 抜粋で表示される文字数を変更したい
  • 記事がない時には別のコンテンツを表示したい
  • パンくずリストをフロントページだけ表示しないようにしたい

これらはごく一部で、実際に制作現場でも使われるようなテクニックが全部で230も掲載されています。

教科書というより、「近くにあるとありがたい」辞書のような本ですね。この本もWordPress 5.xに対応しています。

こんな人におすすめ

  • まさに今、WordPressの開発で「あれはどう作るんだろう?」という疑問を抱えている方
  • テーマ開発は一通りできるようになり、よりカスタマイズの幅を広げたい方
  • 制作の現場で使用されているテクニックを知りたい方

初心者だからこそWordPress独学前・独学時にやってほしいこと

では、最後にWordPress初心者だからこそ行って欲しい、独学する前と独学の最中にして欲しいことをお伝えします。

独学しやすい環境を作る

自分にとって学習しやすい環境を作ることは、独学を成功させる上でとても重要です。

  • 周りに集中を阻害するものを置かない
  • 使いやすいPC・モニターを使う
  • 長時間座れる椅子を用意する

など、集中できる環境をできる限り作りましょう。同居人がいて難しいなどの都合がある場合には、集中できるカフェなどを見つけてそこで学習するのでも良いかもしれません。

いずれにしても、学習にすんなりと入れる、そして集中して学習を続けられる、そのための環境はいち早く用意しましょう

気になった本や教材は購入する

自分で調べた上で、気になった本や教材はその場で購入すると良いでしょう。

例えば、WordPressの参考本は、通常の本と比較すると割高なことが多く、躊躇してしまう気持ちも分かります。しかし、ここでの購入は自分にとっての投資です。制作の案件を受注することで元を取ることは難しくはありません。

購入しないことによって、習得までの期間が伸びてしまう方がもったいないです。

しかし、注意してほしいことがあります。それは「誰かが勧めていたから」という理由で購入することです。自分の目で、最終出版日や目次・内容など目を通して、これであれば学習できそうという自信を持ってから購入するようにしましょう。

つまずいたところ・解決方法は記録する

学習を進めていると、なかなか理解しにくい箇所が出てくることでしょう。そのような、理解をするのに時間がかかってしまったというところは、その内容を記録することをおすすめしています。

一度理解できたとしても、また数日後に忘れてしまったということは意外とよくあることです。その時に、記録を見れば簡単に振り返って思い出せるでしょう。簡単なメモ程度で十分です。

また、もしかしたらあなたが将来WordPress制作を誰かに対して教える側に立つかもしれません。

その時に、一度つまずいたあなたの経験が生きるでしょう。「自分はあの時こういう風に理解した」と教えられれば、相手の方の理解も進むはずです。

このページのまとめ

以上、WordPress開発を独学で学ぶことは可能であるということ、そして独学を進めるために役立つ教材などを紹介しました。

もちろん独学である以上苦労はありますが、一部の人のみしか習得できないというものではありません。誰でもやる気次第で習得できます。

紹介したサイトや本を上手に用い、是非とも習得まで進めてください。

このサイトでは、WordPress開発に役立つ知識も多数紹介していますので、参考としてご覧ください。

関連記事一覧